やせ型なのに糖尿病

やせ型なのに糖尿病になっちゃった
日々の生活を日記で綴っていこうと思います

週末なのに暇まし (@_@;)

今朝の体重 40.5kg  
昨日の血糖値
朝食後:113  昼食後:95  夕食後:100 (食後2時間値)
インスリン注射:毎食後4単位づつ


朝起きて、「おー、寒~い!!」
今日は、年末並の寒さになるそうですね。
冷え性の私にとって、これからの季節は厳しいんです~ (>_<)
温かくしなくっちゃ!!


この週末の土日は忙しくて、ゆっくりブログを書く時間が無い~ ((+_+))
血糖値の報告のみになります。m(__)m


レイノー現象ってご存知ですか?
私、糖尿病が発覚する1年前と半年前に2回経験しました。
「これは、何だぁ~?!」とびっくりしました。
詳しくは、また次回のブログでお話したいと思います。(^_-)-☆


つづきはまた。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

昨日の朝食

今朝の体重 40.4kg  
昨日の血糖値
朝食後:128  昼食後:92  夕食後:92 (食後2時間値)
インスリン注射:毎食後4単位づつ


今日は朝から雨の大阪です。
午前中は仕事で、午後からは雨でも頑張って、スーパー巡りの予定です。
(^_^;)


昨日の朝食は、
①生サラダ:キャベツの千切り・玉ねぎスライス・ツナ・ゆで卵
 野菜が高いので他の野菜を買えず・・・。
 まずはサラダから。
②オクラ納豆
 オクラをみじん切りにしたものに水を加えてネバネバになったものを
 納豆に混ぜて。
 オクラは血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのを期待して。
 納豆だけで食べるより、美味しいです。
③冷奴
 そろそろ湯豆腐にしよう。。。

④飲むヨーグルト50mL
⑤焼きチーズ(粒々チーズ入りのブッセ)
 大好物です♡

⑥コーヒーに低脂肪牛乳を入れて
⑦小さな柿を半分


1時間かけて食べました。
そしてすぐに運動です。⇒ 腿上げ運動・膝を床につけての腕立て伏せ・
             踵上げ運動をしました。!(^^)!


またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

食事にかける時間

今朝の体重 40.4kg  
昨日の血糖値
朝食後:測定せず  昼食後:84  夕食後:85 (食後2時間値)
インスリン注射:毎食後4単位づつ


早食いは血糖値が上がりやすいので、
いつも食事はゆっくり1時間かけて食べるようにしています。
その為に、以前より30分早起きして時間を作っています。
その分、睡眠時間が減ってしまいますが・・・。(^_^;)
( 睡眠時間は 7時間が理想:実際は 6時間程度 )

例えば、朝食は 7:00頃から食べ始めて、まずはサラダから、次に蛋白質を
摂って、7:40頃にインスリン注射をしてから、最後に炭水化物の順で食べて
コーヒーも飲んで、8:00頃に食べ終わります。



8:00からNHKの朝ドラを見ながら、食後の運動をして、そのままNHKの
あさイチを見ながら、着替え・化粧など身支度をして出勤準備をします。
そして、9:00頃に血糖値を測ります。


職場は家からすぐ近くで(スキップで 3分) 9:00前後に出勤します。
なので、朝食後の血糖測定は、
出勤前に家でする時(出勤前の時間に余裕がある時)と、
出勤後に勤務先でする時(出勤前の時間に余裕がない時)があります。


昨日は出勤後に更衣室で測ろうと思っていたのですが、
仕事着に着替えていたら、上司に呼ばれ、更衣室を離れて話をしていたら、
すっかり忘れてしまいました。(^_^;)


気付いたのは、仕事が終わって(木曜日は午前だけ)帰ろうとした時でした。
あちゃ~  (>_<) ま、いっか。
たぶんそんなに高くはないはず・・・と思いたい。(^^ゞ



またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

C-ペプチド(CPR)検査って何?

今朝の体重 40.1kg  
昨日の血糖値朝食後:92  昼食後:106  夕食後:84 (食後2時間値)
インスリン注射:毎食後4単位づつ


夕食後の血糖値が低かったので、季節フルーツの『柿』を頂きました。
美味しかったぁ~。(●^o^●)
これで、夜間低血糖の予防です。



☆糖尿病治療中の検査項目の中に、『 C-ペプチド検査 』があります。


❝ インスリンがどの程度膵臓から分泌されているのか ❞ が把握できます。
C-ペプチドは、インスリンが合成される前段階の物質(プロインスリン)が
分解される時に発生する物質です。
インスリンと同程度の割合で血液中に分泌され、ほとんどが分解されないまま
血液中を循環し、尿とともに排出されます。
血中や尿中のC-ペプチドを測定すると、インスリンがどの程度膵臓から分泌
されているのかが把握できます。


❝ インスリンの分泌能力 ❞ は、
血中インスリン活性で直接測定することもできますが、
インスリン治療を受けている人の場合、
膵臓から分泌されているインスリンと治療で使っているインスリンの合計値が
出てしまうので、正しい測定ができないという欠点があります。
C-ペプチドは膵臓から分泌されているインスリンだけを測定することができる
ので、上記の理由で測定が難しい人に有用な検査です。


☆C-ペプチド(CPR)の測定方法
血中値 ⇒ 採血をして調べます。
尿中値 ⇒ 24時間尿をためて、その中のC-ペプチド量を測ります。


❝ 血中C-ペプチド ❞ では、
採血をした時点でのC-ペプチドの濃度が分かるので、
食事前後の違いを調べたりして、
インスリン分泌の反応性を知ることはできますが、
C-ペプチドの総量(分泌されたインスリンの総量とほぼ同じと考えられます)
を知ることはできません。


❝ 尿中C-ペプチド ❞ では、
インスリン分泌量の時間的な変化は捉えられませんが、
1日にどれだけインスリンが分泌されたのか、その総量を推測できます。


☆基準値
血中C-ペプチド ⇒ 空腹時血清:0.74~3.18 ng/mL (平成29年5月8日から)
尿中C-ペプチド排泄量 ⇒ 24~97 μg/日


C-ペプチドが多いときはインスリンを分泌する力が強く、
少ないときは分泌する力が弱いことを示しています。


2型糖尿病で、インスリンの分泌が低下するとCPRは低値となります。
血糖値が低い状態や低栄養状態で、体内のブドウ糖が不足していると
インスリンの分泌量も減少します。



★ 検査結果 ★
血中C-ペプチド(食後2時間値)
H 28.6 ⇒ 2.54 ng/mL (血糖値:221 mg/dL)
H 29.6 ⇒ 0.75 ng/mL (血糖値:  76 mg/dL)


年に1回しか検査していませんでした。
採血はいつも食後2時間でするので、血中C-ペプチドの検査結果も
食後のものです。
それだと基準値より高値になるはず?!ですよね。
食後でこの数値というのは低値なんだろうなぁ~。(T_T)
その時の血糖値にも大きく関係している感じです。
空腹時の検査ではないので、よくわからないなぁ・・・。(-"-)


またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

グリコアルブミン(GA)とヘモグロビンA1c(HbA1c)

今朝の体重 40.3kg  
昨日の血糖値
朝食後:84  昼食後:79  夕食後:97 (食後2時間値)
インスリン注射:毎食後4単位づつ


前日の昼食後の血糖値が180↑に跳ね上がったので、気を付けていたら
昨日は、警戒し過ぎて逆に低くなちゃった。(^_^;)
それで、少し糖質補給しました。



☆グリコアルブミン(GA)とは ⇒ 
グリコアルブミンは血糖の管理指標です。
グリコアルブミンの量は血糖値が低ければ減少し、高ければ増加します。
グリコアルブミンは採血前の1ヵ月間(特に直近の2週間)の平均血糖状態が
分かります。
ヘモグロビンA1c(HbA1c)は採血前の1~2ヵ月間の平均血糖状態が分かり
ます。
すなわち、グリコアルブミン(GA)は ヘモグロビンA1c(HbA1c)よりも
近い過去の血糖コントロール状態を把握できます。


☆グリコアルブミン (GA) とヘモグロビンA1c(HbA1c)の違いは?
治療を開始すると、HbA1cはゆっくりと少しずつ改善していきます。
一方、グリコアルブミンはすばやく大きく改善していくので、
治療の効果と自身の頑張りが、より早く実感できます。


☆グリコアルブミン (GA) 値の目安
グリコアルブミンの値は、糖尿病でない方では11~16%が目安です。
❋高血糖状態が長時間続くと、高値になります。

〈 糖尿病患者の血糖コントロール評価の目標は 〉 
①血糖正常化を目指す際の目標 ⇒ GA:16.0%未満 ( HbA1c:6.0%未満 )
②合併症予防のための目標   ⇒ GA:20.0%未満 ( HbA1c:7.0%未満 )
③治療強化が困難な際の目標  ⇒ GA:24.0%未満 ( HbA1c:8.0%未満 )


グリコアルブミン(GA)と ヘモグロビンA1c(HbA1c)の両方をチェック
することで、より血糖コントロールの状態が分かりますね。(^^)v


★ 検査結果 ★       2月    4月   6月   8月      10 月
グリコヘモグロビン ⇒   17.6%      19.8%      19 %       16.8 %     17.5%
ヘモグロビンA1c ⇒     6.9%        6.8%       6.6%        6.2%        6.1%


✿☆✿ 目指すは血糖正常化 ✿☆✿
もうちょっと頑張らねばです。!(^^)!


〈 その他、参考まで 〉
※グリコアルブミンが異常な場合に疑われる病気
高値 ⇒ 糖尿病、甲状腺機能低下症など
低値 ⇒ ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症、肝硬変など


またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村