やせ型なのに糖尿病

やせ型なのに糖尿病になっちゃった
日々の生活を日記で綴っていこうと思います

糖質制限を考えて ~ 治療の思い ~

今朝の体重 41.6kg
✿ 血糖値 ✿ 《 リブレ持続測定 》
             朝食後                昼食後                夕食後 
                    2時間値・最高値          2時間値・最高値           2時間値・最高値
  7/12       133        150↑                 92         108                   81         138      
  7/13            136   152↑     107      127              91         180↑↑
  7/14            134        140 (162)          74         145                94         125                
                                          ( )は指先測定値 ※やはり高い (T_T)  



❝ 糖尿病の治療 ❞ には、カロリー制限 vs 糖質制限の論議がありますね。
私の場合はやせ型なので、カロリー制限は最初から除外でした。
治療が開始した当初から、太るために1800kcal 以上の食事をしっかり摂るように
また、糖質は1食40g の制限で栄養指導されていました。
当時の適正カロリーは、46歳女性・身長154cm・体重36kgで1500~1600kcal 
ですが、2000kcal は摂取していました。
それでも、なぜか体重は中々増えてくれなかったんです。
1年で1kgしか増えませんでした。
危機感から、かなり運動もしていたからかなぁ?
この頃の HbA1c は 7%台前半でした。
それからインスリン注射を始めて、ようやく3年かけて体重が4kg増えました。
この頃の糖質量は1食20~30g程度でした。
最近の糖質量は20~25gです。
それでやっとこさの思いで HbA1c は 6%台前半になったのですが、
目標の HbA1c:5%台を目指すには、この先どうするのが良いのか・・・。



《 糖質制限が良いとされる説 》
○ 糖質制限で血糖値を上げない
  → 食後高血糖を防いで、合併症を予防する 
○ 疲弊した膵臓を休ませて回復を図る
  → 糖尿病(耐糖能)を改善させる


《 糖質制限は良くないとされる説 》
○ 糖質を摂らないで、血糖値が上がらないのは当然の事
  → 糖尿病が良くなるものではない
○ 高カロリー・高脂肪食による脂肪肝がインスリン抵抗性を悪化させる
  → カロリー制限食がインスリン抵抗性を改善させる
○ 糖質制限で膵臓を働かせないでいると、膵臓の機能を弱らせてしまい、
   耐糖能が下がる
  → 少しの糖質を摂っただけで、血糖値が爆上がりするようになってしまう



《 自分の体(血糖コントロール)で実感している事 》
● 少しの糖質で血糖値が上がりやすい
 → 20~25gの糖質量でインスリン注射をしていても血糖値180↑↑超えがある
   インスリン注射を忘れた時は血糖値300⇧超えだった
   糖質制限をやらざるを得ないという思いになる
● インスリン注射を始める理由の1つに、膵臓の機能を回復させる目的が
   あったが、2年経過しても、一向に耐糖能は改善されていないように感じる
● 糖質制限食では、どうしても高蛋白食になってしまい、少~しづつ腎機能が
   低下してきている
( eGFR:80台だったのに60台に低下 ⇇ やばい感じになってきた )



《 今後の治療をどう考えるか 》
スーパー糖質制限をして、ケトン体エネルギーの体質にする程の思い切った
食事療法をする勇気はまだ持てていない( 本当にそれが1番良い治療法なの?
という思いもある )ので、
これまでのゆる~い糖質制限を続けていこうと思っているのですが、
耐糖能が改善されない事や、腎機能が低下傾向にある経過をみると、
苛立たしい思いと、自分のやっている事が良くないのではないか?、と不安に
なります。
目標としては ⇒
インスリン注射なしで『 食後血糖値 150以下 』にしたいのですが、
それを実現させようとするには、スーパー糖質制限しかないようにも思います。
これまで通り、筋トレで筋肉を増やす努力を続けながら、
もうしばらく、ゆる~い糖質制限とインスリン注射と食後の有酸素運動で、
経過を観ていこうと思います。


どうするのが1番良いのか、本当に悩む・・・(*_*)


またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

I Love 骨ホルモン ♡

今朝の体重 41.6kg
✿ 血糖値 ✿ 《 リブレ持続測定 》
                         朝食後    昼食後    夕食後 
    7/8   (2時間値)       92              122           65 
               (最高値)       169↑       173↑       177↑(指先 201↑↑)
    7/9 (2時間値)     117                95                 141 
               (最高値)    190↑↑             117               150↑
    7/10 (2時間値)     129              115                 93
               (最高値)       177↑            134                 200⇧
    7/11  (2時間値)       122              115              87            
     (最高値)    162↑            126         114  


インスリン注射:朝(起床時)5単位
        昼・夕(食事開始時)4単位


食後2時間値だけをみて、安心していられない!!
食後3~4時間以降に血糖値がかなり上がる頻度が多いのには困ったもんだ。
(>_<)
それと、リブレ持続測定の値と指先測定値には20~30くらいの差があるので、
全部の値に20~30を足すと恐ろしい事になる!!(@_@)



最近よく知られている『 骨ホルモン 』って凄いですね~。
私は、TVで紹介されていて知ったのですが、その時は、「 血糖値を下げてくれる
もの 」という認識でしたが、それ以外にも多くの作用があるんですね。
それが喜ばしいものばかり。
しかも簡単に骨ホルモンを増やすことができるんですよね~。
それが『 かかと落とし 』 皆さん御存知の。


やらなきゃ、損するね~!!!(^^)!


『 かかと落とし 』とは、骨ホルモンを効率よく分泌させることができる
❝ 新しい運動療法 ❞ です。
骨も、筋肉と同じように鍛えられます。
骨に一定の刺激や負荷を加えると、血液中に骨ホルモンが増え、
様々な健康効果が得られるんです。(^^)/~~~


① 膵臓の働きを良くして、インスリン分泌を促進する
② 小腸での糖などの栄養吸収を促進する
③ 肝機能を向上させて、糖質や脂肪の代謝を高める
④ 腎機能を改善する
⑤ 脳の神経細胞の動きが活性化され、記憶力や認知機能が改善される
⑥ 動脈硬化を防いで、心筋梗塞などの血管性疾患を予防する
⑦ 活性酸素を減らして、アンチエイジングに役立つ
⑧ 骨で作られるコラーゲンによって、肌のたるみや シワが改善される
⑨ 骨密度が高まって、骨粗鬆症の予防・改善につながる
⑩ ガン細胞を攻撃する免疫力が増強される
⑪ たんぱく質の合成能力を高め筋肉量を増やす
⑫ 男性ホルモンを活性化させ生殖能力を高める
⑬「長寿ホルモン」と呼ばれるアディポネクチンの分泌を促進する


すごくいっぱい効果があるんですね。
もう毎日やってます。
1日30回で良いそうですが、簡単なので結構やれちゃう。(*^^)v
効果の程は分かりませんが、これは続けられます~♪


またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

3年間の治療経過を振り返って、糖質制限を考える

今朝の体重 41.7kg
✿血糖値✿の報告はお休みします。


☆ 3年間の糖尿病の治療経過 ☆
3年前に糖尿病( HbA1c:8.2% )が発覚して、すぐに薬物療法が始まり、
そのすぐ後に、教育入院をして食事療法が始まりました。
病院の栄養指導において、1食の糖質量は40g 摂るように言われました。
退院後、素直に指示通りの糖質量を摂っていました。
それで HbA1cは、ずーっと 7.2~7.5%前後で経過していました。
41kgから→36kgに減ってしまった体重を増やしたい思いもあり、
主治医からも「 今はこのコントロール状態で良い 」と言われていた事もあって
食べて血糖値がある程度上がってしまうのは、❝ 仕方がない ❞ としていました。
HbA1c:7%台でしたから、血糖値は高めで、200超えも度々ありました。
1年くらいそんなコントロール状態が続き、
ふと、❝ 本当にこれで良いのか? ❞ と疑問&不安に思い始めました。


そしてその頃から、自分の判断で(主治医には相談せずに)、
1食の糖質量を20~30g位の、ゆる~い糖質制限を始めました。
すると少しづつ HbA1cが下がって 6%台後半になりました。
さらに、自分から主治医に進言して同意のもと、インスリン注射を始めました。
インスリン注射をする事で、血糖値の爆上がりを減らすのと、太りやすいのと、
膵臓を休ませてβ細胞の回復を期待するという目的がありました。


そして現在、インスリン注射を始めてもうすぐ2年になります。
その間に薬物療法は中止して、インスリン注射とゆる~い糖質制限と運動で
HbA1c:6%前半です。
運動・筋トレは、今よりも糖質量40g摂っていた頃の方がもっと必死でやって
いました。
やらないと血糖値が爆上がりするので。(そりゃ、そうやで !! )


ゆる~い糖質制限でも、HbA1cは改善していますが、
少しでも油断して糖質を多めに摂ると血糖値は想像以上に上がってしまいます。
耐糖能は全く良くなっていないように感じます。(T_T)
もっとスーパー糖質制限をするべきなのか? それとも・・・。
色んな情報を見聞きするうちに、どうするのが1番良いのか悩んでしまいます。
糖質制限には、様々な相反する情報・意見があって、どれを信じてどうすれば
良いのか・・・、自分に合うやり方を模索中です。



つづきはまた。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

リブレ持続測定1日目

今朝の体重 41.7kg 
✿ 血糖値 ✿  目標範囲:80~140 mg/dl
《 リブレ持続測定 》 
7/7 (土)
◎ 起床時       101     
☆ インスリン注射   朝(起床時 )  5単位
        昼・夕(食事開始時) 4単位  
◎ 起床15分後     119                 
◎ 食前          朝     昼     夕
(朝:起床30分後)   108                  88                 99
◎ 食後 0.5H             133                109               106 
             1H                136                  68↓               95       
          1.5H                105                  73              74
         2H                102                119              89
     2.5H                136                128              98  
         3H                167↑              137               101
     3.5H                137                117                 97
    4H                103               95               129
             4.5H                100             107               174↑
                5H                100                103               149
             5.5H                104                104               106 


朝は暁現象があって、起床後に血糖値が急上昇することが判っているので、
起きたらすぐにインスリン注射をしています。


食後3時間に血糖値のピークがあります。
これは食事開始から3時間後です。
食事はゆっくり1時間かけて食べているので、最後に炭水化物(糖質)を摂った
時間からすると、炭水化物(糖質)摂取後2時間値になります。


血糖値 60・70台がありますが、これまでの経験上、低値の時は20~30低めに
出るので、低血糖ではないんです。(低血糖症状も出ないです)



★リブレ持続測定1日目は、血糖値167↑が1回あった以外は
 理想的なコントロールでした。(*^^)v
 って終わろうとしたら、就寝前に意味不明の血糖値上昇が!!(@_@)
 食後のそんなに遅れて上がってくる~???!
 リブレ持続測定をしていなかったら、知らずに安心して寝てるな。


つづきはまた。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

定期受診にて〈 治療方針について 〉その③

今朝の体重 41.8kg
✿ 血糖値  朝食後  昼食後  夕食後 (食後2時間値)
  7/5              167↑           115              92
  7/6              131          102            109              


インスリン注射:朝(起床時)5単位
        昼・夕(食事開始時)4単位


初めてリブレ持続測定をしてみて、判明した事を主治医に伝え、
疑問に思った事や、それらに対してどう対策をしたら良いのか訊ねて
みました。
( 前回の続き )


③ 内服薬( テネリア )を服用しなかった期間と、服用した期間とでは、
  やはり服用した期間の方が、血糖値の変動幅や爆上がりも少なく、
  コントロールは良好でした。
  治療として服用した方が良いのか?
主治医の見解は
⇒ この程度の差や、 
  内服しなかった期間の血糖値コントロールの状況からみても、
  内服しなくて良いでしょうとの事でした。



  テネリアは血管を守ってくれる作用があって、それは好ましい事なのですが、
  気になる副作用( 膵臓・肝臓に多少の負担をかける )の事があったり、
  新薬なので薬代が結構高かったりするので、服用しなくて良いのは嬉しい事
  です。
  
☆ 治療方針 ☆
内服薬( テネリア )は服用無しのままで良い。


今日からまたリブレ持続測定を始めま~す。(*^^)v
上手くコントロールできる(できている)かなぁ~。


つづきはまた。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ