やせ型なのに糖尿病

やせ型なのに糖尿病になっちゃった
日々の生活を日記で綴っていこうと思います

腎臓の働きを調べる eGFR(推定糸球体濾過量)

今朝の体重 40.2kg  
昨日の血糖値
朝食後:124  昼食後:98  夕食後:168 (食後2時間値)
インスリン注射:毎食後4単位づつ


久々に夕食後の血糖値上げてしまいましたぁー!! (>_<)
今回は糖質(果糖)のせいです。
最近、血糖値低めだったので、いつもにプラスして小さなみかんを食べました。
やっぱり、私の場合はみかんは血糖値が上がる。
←分かっているのにねぇ~。(^_^;)


《 腎機能検査 》
腎臓の機能を調べる血液検査で、尿素窒素(BUN)やクレアチニンが
ありますが、
他に、eGFR(推定糸球体濾過量)という検査があります。


◎ 尿素窒素 (BUN)
血液中の尿素に含まれる窒素成分のことで、蛋白質が利用された後にできる
残りかすです。
尿素窒素は腎臓で濾過されて尿中へ排出されますが、腎臓の働きが低下すると、
濾過しきれない分が血液中に残ってしまい、尿素窒素の値が高くなります。
尿素窒素の値は、基本的には尿素の生成と排泄のバランスで決まるので、
蛋白摂取量、蛋白代謝機能、腎機能の3つの因子が深く関連しています。
高蛋白食の多食や感染症、糖尿病、がんではつくられる尿素窒素の量が増えて
高値になります。


◎ 血清クレアチニン値
血液中にある老廃物の一種です。本来であれば尿へ排出されますが、
腎臓の働きが悪くなると、尿中に排出されずに血液中に溜まっていきます。
そのため血清クレアチニン値が高いということは腎臓の濾過や排泄がうまく
いっていないと判断できます。


◎ eGFR(推定糸球体濾過量)
これは、腎臓にどれくらい老廃物を尿へ排泄する能力があるかを示しており、
この値が高いと正常で、低いほど腎臓の働きが悪いということになります。
eGFRは血清クレアチニン値と年齢と性別から計算できます。


慢性腎臓病(CKD)は、その重症度に応じて、ステージ1からステージ5の
5段階に分けられています。


〈G1〉   eGFR ≧ 90           : 正常または高値
〈G2〉   90 > eGFR ≧ 60 : 正常または軽度低下
〈G3a〉 60 > eGFR ≧ 45 : 軽度~中等度低下
〈G3b〉 45 > eGFR ≧ 30 : 中等度~高度低下
〈G4〉   30 > eGFR ≧ 15 : 高度低下
〈G5〉   15 > eGFR          : 末期腎不全



私の eGFRの数値は、60台後半~70台です。
なので、〈G2〉正常または軽度低下に分類されます。(+_+)
蛋白尿などの尿検査異常がある場合は、慢性腎臓病(CKD)が疑われますが、
幸い尿検査に異常は無く、この場合、慢性腎臓病(CKD)ではありません。

⇒ここで安心してはいけません。
CKD は自覚症状が無い上に、高血圧症、糖尿病、メタボ、肥満、喫煙、
腎臓病の家族歴などがある人は CKD になりやすいですので要注意です。
また、CKD になった時に、進行を早くする原因にもなるので、糖尿人は時々
この数値をチェックした方が良いでしょう。



またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

高蛋白・高脂肪食(摂取カロリーを増やすのも簡単じゃない)

今朝の体重 40.4kg  
昨日の血糖値
朝食後:104  昼食後:87  夕食後:113 (食後2時間値)
インスリン注射:毎食後4単位づつ


最近、血糖値は落ち着いていて喜ばしいのですが、体重が全く増えないよー。
(T_T)
体重を増やすのに、筋肉も増やしたいので、有酸素運動と共に筋トレも
頑張っているのですが、36kgから → 41kgに増えてからは、簡単に筋肉は
増えてくれません。
筋肉量が増えると、血糖値の上昇を抑えやすくなりますが、
基礎代謝が増える分、太りにくくもなりますよね~。(^_^;)



太る為には、消費カロリー < 摂取カロリー になるようにしなくては、
と思うのですが、
糖質摂取には制限があるので、高蛋白・高脂肪食になりやすいです。
しばらく高蛋白・高脂肪食を続けていたら、肝機能・腎機能共に悪化した
時期がありました。
それで、少し摂取量を減らしてみると、肝機能・腎機能は回復しました。
ここ数カ月は肝機能・腎機能の数値は落ち着いているので、
また少し高蛋白・高脂肪食にして、摂取カロリーを増やして様子をみようと
思います。!(^^)!



食事・運動・血液検査の数値・血糖値・体重の全てのバランスをみながら、
理想の結果にするのは、難しいものです。(+o+)
でも前向きにやるしかないですね。



またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

レイノー現象の発現と回復

今朝の体重 40.6kg  
昨日の血糖値
朝食後:115  昼食後:84  夕食後:97 (食後2時間値)
インスリン注射:毎食後4単位づつ


前回の続きです。
私が経験したレイノー現象は、前回記述した2回だけで終わりではありません
でした。
2年前の春に糖尿病が発覚して、
その年の冬の寒さが、今までに無い辛い冬になりました。
何が辛かったか ⇒ 手足の冷えがさらにひどくなり、レイノー現象が頻発する
ようになったのです。((+_+))


食事制限を始めて2カ月で、体重が5Kg減りました。
その影響か血圧も下がり、100以下の低血圧になりました。
それまでは120前後あったんです。
体重が減ったことで、体内の循環血液量も減ってしまい、低血圧や末梢の
循環不良が起こって、手足の冷えがますますひどくなったのではないか?
と考えています。
そこに糖尿病の合併症の神経障害が加わったことで、いくつかの条件が揃い
それらの影響があってか、レイノー現象が度々起こるようになりました。


冬の朝、歯磨きをするだけで、
歯ブラシを持った指に、レイノー現象が起こってビックリです。
それからは毎朝です。(歯磨き時に)
何かを持って(握って)指先にほんの小さな力が加わっただけで、血行障害が
誘発されるようでした。
最初は車のハンドル、次に自転車のハンドル、そして歯ブラシ。
さすがにげんなりしました。


主治医に相談すると、漢方薬を処方するだけとのことだったので、
それは断って、自分でできるだけ手足を冷やさないように対処することに
しました。


季節が春になって、暖かくなってくると自然と起こらなくなり、
翌年の冬は、体重が増えて血圧も元に戻っていたこともあってか、
レイノー現象は1回も起こりませんでした。
これには「ホッ」としました。
ホント良かったぁ。\(^o^)/


これからまた冬の季節に向かっていますが、体重も血圧も維持できているので
大丈夫だろうと思っています。( 根拠はないのですが・・・)


※ 糖尿病になると、関連して身体に色んな変調が現れる可能性がある事を
  痛感します。
  これからは、身体のどんな小さな変調でも見逃さずに、重大なサインかも
  知れないので、早めに気付いて対応できるようにしないとなぁ~、
  と思うのでした。(^^ゞ


またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

レイノー現象を初めて経験した時

今朝の体重 40.6kg  
昨日の血糖値
朝食後:80  昼食後:122  夕食後:115 (食後2時間値)
インスリン注射:毎食後4単位づつ


私は、子供の頃から夏でも手が冷たい、ひどい冷え性です。


糖尿病が発覚する1年少し前の2月に、30分程車を運転していました。
車内はエアコンで温かかったのですが、マンションの駐車場に車を入れて
外の冷たい外気に出て数分が経った時に、右手の薬指に違和感を感じました。


指を見てみると、第1関節から先の部分が蝋のように真っ白になっていました。
「 えっ、何これー?!」 (@_@)
そのうちに、しびれが強くなって痛みを感じるくらいになりました。


今迄に見た事の無い指の色と痛みの強さに、すごくビックリしました。
「 まるで蝋人形のようだわ 」と自分の身に起こった現象に驚きながら、
思っていました。
初めての経験でした。


例えると、スキーで手が冷たくなって痛く感じる状態が更にきつくなって、
凍傷になる時に近い感覚なのかなぁ~と思いました。
それが指1本の指先だけに起こる感じです。
(凍傷になった事はないんですけど)(^_^;)


慌てて指先をマッサージしていると、数分でピンク色になり普通の状態に
戻ってくれたので、「ホッ」としました。(^.^)



その後、冬の間は症状が現れること無く過ぎました。


それから半年ちょっと経った、9月に再び発現しました。
今度は寒い時期ではなかったんです。
2度目は、自転車で買い物に出掛けて、マンションに戻ってきた時でした。
自転車を駐輪場に留めて、エレベータを待っていると、
あのしびれ感と痛みの感覚が再び襲ってきたのです。
今度は右手の小指でした。第1関節から先の部分だけです。
前回と同様、指先のマッサージをして数分で回復しました。


「 これは、何かがおかしい 」と思い、ネット検索してみると、
膠原病の初期症状である事が多いとあるではありませんか!!
「 うそー、まさか、怖いやん 」 ((+_+))
見なかったことにして、不安を覚えながらも、しばらく様子をみる事に。
( ←これがまずかった )
この時に、ちゃんと検査を受けていたら、もっと早い段階で糖尿病を見つける
事ができ、また重症化する前に治療が開始できていたのです。


振り返ってみると、2度目のレイノー現象が起こった頃には、
両足の親指にしびれを感じる様になっていました。
糖尿病合併症の神経障害が現れていたんだと思いますが、
その時は、微塵も糖尿病を疑いませんでした。
足の親指のしびれと言えば、代表的な痛風かなぁ~(男性に多いものですが)
な~んて思ったりしていました。
無知でした。
後悔先に立たずです。(T_T)


それから半年後の職場の健診で糖尿病が発覚しました。
その時の HbA1c:8.2%でした。
そして2年が経って今に至ります。
現在は内服薬とインスリン注射で HbA1c:6.1%です。
来月の受診時に内服薬が中止できるように、血糖コントロールを良好に保つべく
甘い誘惑に負けないように、日々を過ごしております。


あかん、あかん!!


私が経験したレイノー現象にはまだ続きがあります。


つづきはまた。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

レイノー現象ってどんなの?

今朝の体重 40.8kg  
昨日の血糖値
朝食後:83  昼食後: 124 夕食後:92 (食後2時間値)
インスリン注射:毎食後4単位づつ


冷え性ではありませんか?
私は、子供の頃から夏でも手が冷たい、ひどい冷え性なんです。
これから寒くなる季節なので、辛いんです~。(>_<)


《 レイノー現象 》とは、
手や足の指先の小さな動脈の血流不足が発作的に発生し、
「冷感・しびれ感・疼痛」や「皮膚色の変化」が現れることを指します。
原因が不明な場合を「レイノー病」と呼び、
40歳以前の若年女子に多発する傾向にあります。
原因疾患から起こる場合を「レイノー症候群」と呼び、区別します。
また遺伝する可能性があり、家族性にレイノー現象が現れることもあります。
症状がこのレイノー現象のみである場合は、緊急処置を必要とすることはない
です。


◎ 原因
寒冷の刺激(寒さや冷たい水に触れたり)や精神的なストレスで
四肢末梢部の小動脈に発作的に起こる収縮・けいれん。
手足の先の末梢血管の血流が悪くなって酸素が不足することで起こります。



〈レイノー症候群がみられる病気は何があるの?〉
膠原病(全身性強皮症・全身性エリテマトーデスなど)の初期症状として
みられることが多いです。
手足の指や関節が腫れる、手足の皮膚が硬くなるなど膠原病と疑われる症状を
伴う場合は、膠原病・リウマチ内科を受診しましょう。
その他にもさまざまな疾患、原因があります。
閉塞性動脈疾患(血管炎・血栓症)・神経障害・血管閉塞・血液疾患・
振動障害(振動病:職業病)・重金属中毒・薬の副作用など。


◎ 症状の特徴
この病気の典型的な症状は、手足の先がいきなり白、または紫色に変化し、
左右対称に現れます。(左右対称でない時もある)
皮膚症状は、末梢循環障害が現れてから回復までに三段階の変化があり、
① 手指の色が蒼白になる。
② 紫色に変色する。
③ 通常10~30分後に赤色になり、正常な状態へと回復する。


蒼白色になるだけの場合や、
手足の指が冷たくなってしびれや痛み、かゆみを生じ、感覚がなくなることも
あります。(冷感・しびれ・痛み・感覚鈍麻)


症状は温めることで改善していきますが、自然回復するケースもみられます。
改善していく中で手足の先が真っ赤に充血し、中々戻らないことがあります。
症状を繰り返して重症化すると、指先の変形をきたしたり潰瘍ができたりする
こともあります。


◎ 発症時期
秋から冬にかけて、また、春先の冷え込んだ時に多くみられます。


◎ 生活上の工夫
寒さや冷たさがきっかけになるので、手足を冷たい空気から守る。
手袋や靴下で防寒すること、冷たい水や冷凍食品などを直接手で触わらない
ようにすることなど。
精神的なショックも引き金となるため、過度の疲労やストレスを抱えない
ように過ごしましょう。



次回は私の経験談をお伝えします。(^^)/~~~


つづきはまた。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ