やせ型なのに糖尿病

やせ型なのに糖尿病になっちゃった
日々の生活を日記で綴っていこうと思います

懲りない私・・・反省

今朝の体重 40.8kg  
昨日の血糖値
朝食後:154  昼食後:80  夕食後:78 (食後2時間値)


秋分の日でお休みだった昨日、
朝食後、いっぱい運動したにも関わらず、血糖値が高い原因は
「 かしわ餅 」を食べちゃったから (^_^;)



たまに、無性~に和菓子が食べたくなります。
家族も和菓子が好きなので、特価してると家族用にと思って買うのですが、
残っていたりすると、手が伸びてしまいます。← それがあっか~ん!!
意外と、前は大好きだったチョコレートなどの甘い系のお菓子は
食べなくても平気になったんですが、和菓子は別みたいです。

いちご大福・さくら餅も大好きです♡ ← コラコラ!!

困ったもんだ!! (+_+)


お餅もあんこも、GI値 80 以上あります。← そら血糖値、上がるがな!!(>_<)
分かっていながら食べてしまい、運動いっぱいしたら大丈夫かなぁ~、と
「 意志 」も「 かしわ餅 」も甘かった、反省です。


昼と夕はちゃんと糖質量を抑えて、インスリン注射も1単位少なくして
運動・筋トレをまじめにしたので、血糖値は低めで(理想は100~120より
低すぎたけど)良しというところかな。
この反省、いつまで続くか・・・(^^ゞ


またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

野菜のGI値

今朝の体重 40.6kg  
昨日の血糖値
朝食後:132  昼食後:80  夕食後:127 (食後2時間値)


昨日はインスリン注射を1単位づつ減らして、食後の運動をいつもより
少し多めに頑張ってみました。
血糖値がそんなに上がらなくて良かった。 ホッ!!(^.^)
食後2時間の血糖値、100~120の間が理想なんだけどね。
そうは上手くいかない血糖コントロール (^_^;)


私が好きな、にくじゃが・クリームシチューなど
野菜でよく使う食材のジャガイモ・ニンジンのGI値、最強じゃーん!!(>_<)


まぁ、糖尿病になってから、GI値高いとは知っていたので、
あまり食べないようにはしていたけど、最強とは・・・悲しい。(T_T)
たまには食べたくなるので、でもやっぱり少しにしとかないといけないなぁ~。


GI値が低い、キャベツ・レタス・キューリ・ピーマン・小松菜・ほうれん草・
玉ねぎ・えのき・しめじなどはよく食べています。



<野菜>
【GI値が高いもの】
ジャガイモ    90
ニンジン     80
山芋       75
とうもろこし   75
長いも      65
かぼちゃ     65
里芋       64
栗        60
さつまいも    55


【GI値が低いもの】
レンコン     38     かぶ       25
玉ねぎ      30     ナス       25
松茸       29     セロリ      24
えのき      29     かいわれ大根   24
エリンギ     28     マッシュルーム  24
しいたけ     28     モロヘイヤ    24
長ネギ      28     こんにゃく    24
しめじ      27     にがうり     24
なめこ      26     クレソン     23
くらげ      26     小松菜      23
キャベツ     26     チンゲンサイ   23
ピーマン     26     キュウリ     23
サヤインゲン   26     しらたき     23
大根       26     レタス      23
竹の子      26     みょうが     23
グリーンアスパラ 25     サラダ菜     22
ブロッコリー   25     もやし      22
春菊       25     ほうれん草    15


またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

ヘルシーランチのはずが・・・

今朝の体重 40.6kg  
昨日の血糖値
朝食後:103  昼食後:143  夕食後:83 (食後2時間値)
      (昼食後のみ食後3時間値)


昨日は仕事が午前中のみだったので、仲間と4人でランチへGO!!
食べながら、しゃべるしゃべる!!
ストレス発散、毒吐きまくり~ (^o^) 
3時間があっという間に過ぎていました。
まだ時間が足らないくらい (^^ゞ


メニューは「一汁六菜プレートランチ」
<四元豚たっぷり野菜のあっさりタジン蒸し定食>
❋お肉を温野菜の旨みをたっぷりとじ込めたヘルシーで栄養たっぷり料理❋
ごはんは、白米か十五穀米を選べるので、もちろん十五穀米を選んで、
量を少なめにしてもらいました。


(生野菜サラダ付き・スープはお味噌汁でした)
とっても美味しくて大満足です。
私が糖尿病だということを、3人のうちの1人だけは知りません。
メニューを頼んでからトイレへ行ってインスリン注射をしてから頂きました。
このメニューだったら、血糖値はそんなに上がらないだろうと予測。
3時間後の解散まで、血糖値を測れず。
解散後、すぐさま血糖値を測定 → 食後3時間値でも:143 (@_@)
「うそや~ん!!」 十五穀米で上がったの~? 食べ過ぎた~?!
ピーク時はもっと高くなっていたはずよね~。
野菜の糖質量にプラスして、
全部食べずに少し残したら良かったと後から後悔。((+_+))
次からは大丈夫!! もう判かったから。
(絶対にまた来るお店だと確信しているので)


またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

血糖値を上げる!! 危険な “第三の脂肪”

今朝の体重 40.6kg 
昨日の血糖値
朝食後:85  昼食後:137  夕食後:85 (食後2時間値)



知ってましたぁ~? (@_@。 「脂肪膵」って。
私、初めて耳にしました。 脂肪肝なら知ってるけど・・・。(^.^)


最近の研究で、
2型糖尿病患者の膵臓における脂肪沈着が、非糖尿病の人に比べて多いと
わかったそうです。
膵臓への脂肪蓄積を、「脂肪膵」と呼ぶんですね。


中性脂肪には、①皮下脂肪 ②内臓脂肪   に続く  “第三の脂肪”として、
③異所性脂肪 があります。
“場違い脂肪” とも呼ばれています。
異所性脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪の脂肪組織に入りきらなくなった脂肪が
本来たまるはずのない場所に蓄積されたものです。
その場所は、心臓(心臓の周辺、心筋細胞内・外、心外膜周囲)や、
肝臓、『 膵臓 』といった臓器自体やその周囲、さらには筋肉(骨格筋)など
です。


内臓脂肪の蓄積は、血圧異常や脂質代謝異常、
糖尿病の発症の原因ともなる耐糖能異常を引き起こします。


異所性脂肪の蓄積によっても、肝臓や筋肉の慢性炎症が起こったり、
脂肪肝や脂肪膵では、インスリン抵抗性を高め、耐糖能障害、
高インスリン血症、脂質異常症、高血圧症のリスクが重なり、心筋梗塞などの
大血管疾患が起こりやすくなります。


<骨格筋に異所性脂肪がたまると・・・どうなるか?>
骨格筋は食事で摂取した糖質を吸収し、エネルギーとして蓄えています。
しかし、骨格筋に異所性脂肪がたまると、その働きが低下して、
インスリンの働きが悪くなってしまいます。


<異所性脂肪を減らすには>
中性脂肪の蓄積は、最初に皮下脂肪、次に内臓脂肪、そして最後に異所性脂肪
という順番とされています。
この蓄積される順番から、皮下脂肪より内臓脂肪や異所性脂肪のほうが
落としやすいと考えられています。
異所性脂肪を減らすには、内臓脂肪が増えてしまうような食事習慣や運動不足を
改善することが効果的とされています。
2型糖尿病の人に対して、
3000~5000歩程度(平均160kcal)の運動を、2週間行ったところ、
骨格筋細胞内脂質量を約20%も低下できたというのです。


●食事
脂物を控える(肉を赤身肉・魚に変えるなど)
●運動
1日 5000歩~1万歩(徒歩・階段を使うなど)


こうした方法を3日やるだけで異所性脂肪は減るのだそうです。
異所性脂肪の特徴としては、簡単にたまりやすいけれども、
簡単に減らせるという特徴があるそうです。


日本人は欧米人に比べて、皮下脂肪がたまりにくいといわれています。
言い換えると、皮下脂肪組織に脂肪を蓄積する能力が低く、
太りにくい代わりに、内臓脂肪や異所性脂肪が蓄積しやすいのです。


脂肪細胞が多い人は、太ってしまいますが、
反面安全に脂肪を溜め込むことができることを証明しています。


しかし私のように痩せで、なかなか太れない人の場合は、
食べても全然太らない代わりに、脂肪細胞がすぐにいっぱいになり
(脂肪細胞が少ないので、溜められずに)
異所性脂肪が溜まってしまいます。


日本人には、“やせ形糖尿病”が多いと言われており、
その理由としては、欧米人に比べて遺伝的にインスリンの分泌が少なく、
太り過ぎる前に発症してしまうと言われていましたが、
異所性脂肪が原因で病気になっているのかもしれません。


痩せ型の糖尿病って、何かにつけてやっかいだなぁ~ (+_+)



またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

膵臓にやさしく (^^)   

今朝の体重 40.7kg  
昨日の血糖値
朝食後:152  昼食後:127  夕食後:91 (食後2時間値)


朝食はいつもと同じメニューに、飲むヨーグルト60ml(糖質4g)増やした
だけで、血糖値えらい上がってしもうたー!! (>_<)
今までは、飲むヨーグルトでそんなに上がったことはなかったのに。
原因は別にあるのか・・・?
『 腿上げ運動 』をして体がホカホカしてきたので、そのまま出勤。
その後も、仕事が忙しくバタバタしていました。
ええ感じに下がってくれてたらいいんやけどなぁ~ (^_^)/~


膵臓って働き者だけど、疲れやすくもある?
大事な膵臓だから、やさしくしたいなぁ~、
できるだけ負担をかけないような生活をしていきたいなぁ~
と思うんです。(^.^)


【 膵臓の主な働き 】
●内分泌機能 → 血糖値をコントロールするホルモンの分泌
<ランゲルハンス島にある3種類の細胞>
・インスリンは β細胞
・グルカゴンは α細胞
・ソマトスタチンは ⅾ細胞   で作られます。


インスリンは
血液中のぶどう糖を筋肉に取り込んだり、
肝臓でぶどう糖からグリコーゲンを作ったりして血糖値を下げます。


グルカゴンは
肝臓でグリコーゲンを分解してぶどう糖を作り、
さらにぶどう糖が不足したときには、アミノ酸や脂肪からぶどう糖を合成して
血糖を増やします。


ソマトスタチンは
直接ぶどう糖に作用するのではなく、
インスリンやグルカゴンの分泌や作用に影響して糖の代謝をコントロールします。


●外分泌機能 → 消化液の分泌(特に脂肪の消化・吸収)
これがうまく出ないと太ってくる。もっと酷いと痩せてくる。
(→ 急性膵炎・慢性膵炎の危険)


〔すい臓が分泌する消化液〕
・リパーゼ・・・・・・・・脂肪を分解し、そして吸収する
・アミラーゼ・・・・・・・炭水化物を分解し、そして吸収する
・トリプシノーゲン・・・・タンパク質を分解し、そして吸収する


膵臓は、非常に賢い臓器で、脂肪が入ってくるとリパーゼが出ていき、
炭水化物が入ってくると、アミラーゼが出ていき、
食べ物によって上手に使い分けてくれるんです。


【 膵臓の機能低下の原因 】
・食生活の乱れ
・運動不足
・アルコール
・動物性脂肪の過剰摂取
・無理なダイエット → 栄養がいきわたらなくなり、
            内分泌→ホルモン、外分泌→消化液 が出てこない!


〔 膵臓を元気にするために 〕
・負担をかけない → 生活の乱れを正す
 バランスの良い食事・適度な運動でインスリンの働きを助ける。
 嗜好品は適量にする。
・脂肪食を減らす → 適量にする



カロリーを増やしたい私には、糖質・蛋白質・脂肪のバランスが悩みどころ。


☆膵臓の消化機能を助け負担を減らしてくれる食品は?・・・ “ お酢 ” です。


お酢は、トリプシノーゲンを活性化する力があるので、膵臓の酵素を 
良く出してきて、非常によく分解をしてくれるんです。
またお酢には、食後の血糖値上昇を緩やかにしてくれる効果もありますね。


とにかく、膵臓にやさしい生活をしたいです。!(^^)!


またね。 ~ see you again ~



にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村